首イボケア

首イボの種類とその特徴。あなたの首イボはどれ?

「これって首イボかな…? でも、ちょっと違うかもしれない…」首イボって、なかなか人には相談できないもの。だからこそ、一人で悩んでいませんか?

実は首イボと言っても、その種類はたくさんあります。しかも、イボによっては治療が必要なものもあり、放っておくことは危険です。

ここでは、首イボにはどんな種類があるのかに触れ、その特徴をご紹介。自分の首イボと比較してみて、特徴を照らしわせてみてください。

クリアポロン

首イボは良性の腫瘍

首イボは、老化現象の一つとして捉えられています。首イボは正式には腫瘍ですが、良性の腫瘍であるため必ず治療が必要なわけではありません。しかし、同じ良性腫瘍であっても、首イボには種類があります。ここでは、首イボの種類についてご紹介していきましょう。

脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)

このタイプのイボは、老人性イボ、老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)とも呼ばれています。その理由は、発生原因が“加齢”であるからです。脂漏性角化症は、年令を重ねるごとに発生しやすくなり、80代ではほとんどの人が、この脂漏性角化症を発症するといいます。ただし、老人性という名称に惑わされてはなりません。この首イボは、20代でも発生します。

このタイプのイボは、

  • シミがだんだんと盛り上がってきてイボになった
  • ほとんど膨らみを感じず、シミのように見える

といった特徴があります。 

皮膚の表面にできるイボで、シミが積み重なって角質化していくイメージです。

アクロコルドン、スキンタッグ、軟性線維腫(なんせいせんいしゅ)

それぞれ少々特徴は異なるものの、基本的には同じカテゴリに属する首イボです。中でもアクロコルドンは非常に小さいイボで、だいたい23mm程度のものを指します。スキンタッグはそれよりも大きく、イボの突起部分が長いという特徴があります。軟性線維腫は非常に大きく、1cm程度まで巨大化したものです。

アクロコルドンは、比較的平たく隆起しています。皮膚と同じ色か、ほんのり茶色に色づいていることもあり、一見、ほくろに見える人もいるかもしれません。

アクロコルドン

↑アクロコルドンの画像

 

スキンタッグは、産毛や毛穴の角質のように見えるイボです。お酒を注ぐとっくりのように、皮膚からの立ち上がりがくびれているのも一つの特徴です。

スキンタッグ

↑スキンタッグの画像

 

アクロコルドンもスキンタッグも、皮膚の表面にできるイボです。治療では医療用ハサミでカットするだけの治療もあり、痛みも出血もなくきれいに治療できる可能性があります。

懸垂性線維腫(ソフトファイブローマ)

“懸垂性”というだけあり、この首イボは垂れるようにして発生します。このタイプのイボは誰でも発生するわけではなく、体質が関係しているようです。スキンタッグのように皮膚とイボの接点部分はくびれています。イボ部分が大きいため、切除術で治療していくのが一般的です。

病院での治療か、自宅でのセルフケアか

首イボは、小さいものであれば自宅でのセルフケアで対処するのもおすすめです。病院での治療は液体窒素、または医療用ハサミによる切除しか保険が適用されません。炭酸ガスレーザーなどの治療は自由診療となり、経済的な負担がかかります。

また、液体窒素や炭酸ガスレーザーによる治療は、ダウンタイムが必要です。完全に肌がきれいになるまでには数ヶ月かかることもありますので、即完治とはいかないのがデメリットです。

一方、自宅でのセルフケアでは、首イボ専用のコスメクリームを使ってケアしていきます。痛みや出血の心配がなく、普段のスキンケアと同じようにしてケアできるのが利点です。

また、コスメクリームを使うことでケアと予防が同時にできるのも魅力な点。薬ではないため即効性はありませんが、同時に予防もできると考えると、一石二鳥です。

オススメはクリアポロンという首イボ専用のコスメクリームです。

あわせて読みたい
クリアポロン
クリアポロンの口コミ!効かないって本当?購入の注意点は?「首イボ」で検索していくと、画面上には「クリアポロン」の情報がたくさん出てくる…。クリアポロンってなんだろう? フムフム…、「クリ...

気をつけなければいけないのはウイルス性イボや悪性腫瘍

首イボは良性腫瘍です。そのため、治療が必ず必要なものではありません。しかし、「首イボだろう」と思っていたものが実は、治療が必要な悪性の腫瘍である可能性があります。

ウイルス性イボや悪性腫瘍は素人目にはわからないものもあるため、注意が必要です。ここでは、どんな病気があるのか、ひとまず見ていきましょう。 

ウイルス性イボ

ウイルス性イボは、ヒトパピローマウイルスという菌に感染することで発生するイボです。ヒトパピローマウイルス自体150種類もあるので、その種類によって症状は違います。また、子供に罹患者が多い水イボは、ポックルウイルスが原因です。

ウイルス性イボに分類されるイボには、以下のようなものがあります。

尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)

主に子供に感染するので、老人性イボではる首イボとは一線を画します。老人性の首イボとの大きな違いは、手足にできることと、放置することでどんどんと増殖していくことです。特に痒みは感じられないことが多いのがこのタイプのイボです。

見た目の症状としては、

  • 表面が乾燥している
  • 皮膚が盛り上がっている 

等の特徴があります。

水イボ/伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)

水イボ

こちらも子供に多い皮膚病です。プールなどでもらってくる事が多く、一般的には水イボと呼ばれています。イボに直接触れなくても感染してしまうので、注意が必要です。できやすい部位は、手足を除く全身です。首周りにできる可能性もゼロではありません。

見た目の症状としては、

  • 表面がツルツルとして光沢がある
  • 5ミリ位までの小さなブツブツができる
  • 上部に凹みがあり、芯がある

等の特徴があります。

大人もかかる可能性アリ

水イボのように、主に子供がかかるイボもありましたが、免疫が弱っているときや皮膚に傷があるときなどは大人も感染する可能性があるため、注意しなければいけません。睡眠不足、疲労が溜まっているといった自覚があるのであれば、休息を取るなど、免疫を高めるように努めましょう。

青年性扁平疣贅(せいねんせいへんぺいゆうぜい)

顔にできやすく、形も似ていることから、ニキビだと勘違いする人が多いイボです。ヒトパピローマウイルスの3型や10型に感染することで発生します。

見た目の症状としては、

  • 平たく褐色をしている
  • 顔にできることが多い

等の特徴があります。

尖圭コンジローマ(せんけいこんじろーま)

性病として知られる尖圭コンジローマも、ウイルス性イボの一種です。性器周辺にブツブツとしたイボができることで知られています。ヒトパピローマウイルスの6型や11型に感染することで発生するイボです。

見た目の症状としては、

  • 性器や肛門、その周辺にブツブツボコボコとしたイボができる
  • 場合によっては、口や喉などにも発生する
  • 部位によってはかゆみが発生しない
  • だんだんとイボが巨大化していく

等の特徴があります。

ウイルス性イボかな? と、思ったら…

ウイルス性イボは、自然治癒する可能性が高くありません。放っておくと二次感染や悪化の可能性が出てきますので、「ウイルス性イボかな?」と、思ったら、まずは病院で見てもらうようにしましょう。きちんと処方されたお薬を飲んだり、塗ったりすれば、治療は可能です。

ウイルス性イボは感染力があるため、人に移してしまうかもしれないことを覚えておいてください。自分だけの問題ではありませんので、きちんと治療してくださいね。

悪性腫瘍

さて、ウイルス性イボの種類に触れてところで、次は悪性腫瘍の紹介です。悪性腫瘍もウイルス性イボと同様治療が必要になります。この悪性腫瘍は老人性の首イボと見分けがつかないこともありますので、気になる方は参考にしてみてください。「もしかして…」と、思うものがあれば、必ず病院を受診するようにしましょう。

悪性黒色腫(あくせいこくしょくしゅ)

悪性黒色腫(メラノーマ)

またの名をメラノーマと呼びます。ほくろのがんとしても知られている皮膚がんです。一見、ほくろに見えるため、自覚症状がなく、見過ごしてしまうことがあります。場合によっては内蔵に転移することもありますので、きちんとケアすることが大切です。

一般的には

  • 形がいびつなものが多い
  • ほくろと皮膚の境界がにじむように不明瞭
  • 大きさが6ミリ以上ある
  • 表面が膨らんでいる
  • 黒、灰色、茶色など、さまざまな色がある

等の特徴があります。

悪性黒子(あくせいこくし)

悪性黒色腫の仲間で、顔面に表れます。悪性黒色腫との違いは、進行するまで隆起しないこと。ほくろというよりは、最初はシミのように見えるかもしれません。また、比較的高齢者にできるがんです。

  • 顔面以外では、手の甲などに表れる
  • 形がいびつなものが多い
  • ほくろと皮膚の境界がにじむように不明瞭
  • 大きさが6ミリ以上ある
  • 色に濃淡がある

基底細胞がん(きていさいぼうがん)

比較的高齢者に多い皮膚がんです。悪性黒色腫と同じくほくろのような見た目をしています。

一般的には、 

  • だんだんと大きくなる
  • 大きくなるにつれ、中央部が凹んでくる
  • ほくろの表面に光沢がある

等の特徴があります。

ボーエン病

ボーエン病は、一見湿疹のように見えることで知られている皮膚がんです。かゆみがないので自覚がない可能性があります。

一般的には、

  • かゆみがない
  • 湿疹のような赤みがある
  • 数ヶ月経っても治らない
  • だんだんと巨大化している

等の特徴があります。

皮膚がんには、上記外にもさまざまな種類があります。首周りにできるものも多いため、もし気になるものがあれば、早めにお医者さんに相談するようにしてくださいね。

首イボは、基本的には良性の腫瘍です。皮膚の表面に角質やシミが蓄積することでできるものが多く、痛みやかゆみなどは基本的には発生しません。もし、自身の首イボに異常を感じることがあれば、まずは病院等で診断してもらいましょう。

もし、一般の首イボであれば、病院で治療したり、コスメクリームなどでセルフケアをしたりすれば、ブツブツ、ザラザラとした状態をクリアにすることが期待できます。自分に合った治療法、ケア方法を選んで、美しく健康な肌をつくっていきましょう。

評判のいいコスメクリームはクリアポロンです。以下でクリアポロンが首イボに効果的な理由をまとめていますので読んでみてください。

あわせて読みたい
クリアポロン
クリアポロンの口コミ!効かないって本当?購入の注意点は?「首イボ」で検索していくと、画面上には「クリアポロン」の情報がたくさん出てくる…。クリアポロンってなんだろう? フムフム…、「クリ...
首元のポツポツ・ザラザラ…「首イボ」にお困りのかたにオススメのケアクリーム!

首元のポツポツ・ザラザラが気になる方にオススメ!

使い続けるうちにポロッと取れていくと口コミで評判のジェル「クリアポロン」が初回1800円で購入できます。

クリアポロン

詳細ページ公式ページ