首イボケア

もしかして病気かも!? 首イボが痛いその原因と対処法

首イボが痛い…。そんなとき、私たちはどうしたらいいのでしょうか。

ここでは、首イボが痛いその原因と、対処法をご紹介していきます。中には病院で治療をした方がいい怖い病気である可能性も…。

痛みを増幅させないためにも適切な処置を知って、きちんと対処していきましょう。

クリアポロン

首イボが痛い原因とは

首やデコルテ周りの首イボが痛くなる原因を取り上げます。「痛い=病気」と思いがちですが、一概にそうとはいい切れません。

摩擦刺激による痛み

首イボは、小さく丸く盛り上がるアクロコルドンや、細長く突出するスキンタッグ、1cmほどの大きさのイボが垂れ下がる懸垂性線維腫(けんすいせいせんいしゅ)など、さまざまな種類があります。

アクロコルドン

↑アクロコルドンの画像

 

スキンタッグ

↑スキンタッグの画像

 

どの種類も皮膚から飛び出た形状のイボたち…。手で引っ掻いたり、アクセサリーと擦れたりすることで、痛みが発生することがあります。

また、タートルネックのセーターなどを着用する場合は、それらの襟元とイボが擦れて痛みが発生している可能性も…。もし、首イボが痛むようなら、首周りに何も触れないように気をつけて、なるべく摩擦しないよう、身体を洗うときなども優しく泡だけで洗うなどして、強くこすらないようにすることが大切です。

汗などをかくと、それが原因で皮膚が荒れることもあります。汗+アクセサリーによって、摩擦刺激がさらに増大されてしまう可能性もゼロではありません。こまめに汗を拭き取るなどし、皮膚を清潔に保っておくことも大切です。

首イボが取れかけていることによる痛み

首イボは、皮膚からの立ち上がり部分が細くくびれていることが少なくありません。懸垂性線維腫などは特にそうですが、イボ自体が1cmほどあるのに対して、皮膚との接点部分はくびれていて数mm程度しかないこともあるのです。

すると、首イボが何かの拍子に引っ張られることで、首イボが取れかけの状態になり、痛みを感じることがあります。ヒリヒリしたり、チクチクしたりといった痛みなら、それはもしかすると首イボが取れかけているからかもしれません。

取れかけた首イボは、そのままにしておくとさらに痛みが増す可能性も…。病院で診てもらい、適切な処置をしてもらいましょう。

首イボの正体は病気かも!?

病院で首イボを除去

痛みのあるイボで一番心配なのは、ウイルス性のイボや悪性腫瘍などの病気である可能性です。

通常、首イボは老人性イボに属し、その正体は角質のかたまりであるため、ウイルスなどの菌は存在しません。しかし、「首にできたイボ=ウイルス性イボではない」ということはいい切れず、まれに、首にできたイボもウイルス性イボである可能性があります。

ウイルス性のイボはヒトパピローマウイルスに感染することで発症し、患部が腫れたり、炎症を起こしたりして、痛みが伴います。

ウイルス性のイボである場合は、そのままにしておくと悪化したり、他の人に伝染したりと、いいことはありません。すぐに皮膚科等で治療する必要があります。

また、イボ自体が悪性腫瘍だと、痛みが発生する場合があります。最悪皮膚がんなどの可能性もあるため、首イボが痛むようなら、必ずお医者さんに相談するようにしてください。

首イボを病院で取り除く方法…治療の痛みも気になる!

首イボの治療を検討中の方にとっては、首イボを取り除くための治療に痛みが発生するのかも気になるところですよね。ここからは、首イボを治療するときに発生する痛みはどの程度のものなのか、治療方法別に痛みの度合いを調べてみたいと思います。

《痛みアリ》液体窒素での治療

液体窒素

イボというと、液体窒素での治療を思い浮かべる人が多いかもしれません。保険適用内で治療できるため、比較的安価に治療ができ、とても身近な治療方法です。

しかし、痛みの度合いでいうと、首イボの治療の中では一番と言ってもいいほど痛みを感じる治療法です。

この治療では、-196℃の液体窒素を用いて、イボ自体を凍結させ、細胞を壊死させることで治療していきます。専用のピンセットを液体窒素で冷やし、そのピンセットでイボをつまみ、凍らせることで治療していくのです。

患部はちょうど、低温やけどを負った状態。やけどをしたときと同じようなヒリヒリとした痛みを感じます。液体窒素での治療は、とても手軽で身近な治療です。治療時間も短く、その後の通院も少なくて済みます。しかし、痛みが苦手な人には、最も適していない治療方法です。

《まれに痛みアリ》医療用ハサミでの治療

医療用ハサミ

首イボの場合、ウイルス性のイボでない限りは医療法ハサミでの切除術が受けられます。この方法は、医療用の専用のハサミを用い、イボの突起部分を切り離すというものです。

「ハサミ」「切除」と聞くと、「痛いはずだ」と思ってしまうかもしれません。しかし、実際は痛みはほとんどなく、まれに痛みが発生する程度です。

なぜなら、首イボの正体は基本的には角質であり、痛点がある細胞がイボとして膨らんでいるわけではないから。血管や体液などが含まれていることもほとんどなく、ただの角質の塊だからです。

痛みが発生するのは、体液などの角質以外の組織がイボの中に入り込んでいた場合や、皮膚とイボを切り離す際に、傷をつけてしまった場合などです。

基本的には化膿止めが処方されるので、切除後はきれいになりますが、痛みや出血のリスクはゼロとはいい切れません。

《痛みはほぼナシ》炭酸ガスレーザーでの治療

首イボは、炭酸ガスレーザーで切除する方法もあります。こちらも「切除」する治療法ですので、痛みが発生すると思われるかもしれません。しかし、炭酸ガスレーザーの場合は局所麻酔を使いますので、レーザーで焼き切る際に痛みが発生することはほぼありません。

しかし、この局所麻酔をするときには、チクッと痛みが生じます。治療において痛みがゼロとはいい切れませんので、ここでは「痛みはほぼナシ」としました。

炭酸ガスレーザーで処置をする際は、イボの部分をレーザーで加熱し、内部の水分を蒸発させることでイボを切除していきます。レーザーはかなりピンポイントで治療ができるマシンですので、基本的には傷跡も残らず、痛みも感じない治療が可能です。 

炭酸ガスレーザーでの治療は自由診療であるため、医療施設によって費用が違います。やすければ1箇所1,000円程度で済む場合もありますが、1回の治療に数万円かかったという人もいますので、治療費面では気軽とは言えません。

「治療費はどれだけかかってもいいから、痛みがなく、仕上がりのきれいな治療を受けたい」という人には、炭酸ガスレーザーによる切除術はおすすめです。

《痛みなし》漢方薬による内服治療

漢方

痛みのない治療を追い求めると、漢方薬による内服治療が一番確かかもしれません。切除術などはどんなに痛みがない治療だと言っても、皮膚を傷つける可能性があるだけ痛みのリスクは高くなります。 

薬の内服治療であれば、飲むだけなので痛みが発生することはありません。

ただし、漢方薬による内服治療は、完治までに時間がかかります。もし、行うのであれば、1年かかる覚悟も必要でしょう。また、体質や生活習慣によっては治りにくい可能性もあり、最悪の場合、1年間服用しても効果が表れない可能性すらあります。

首イボの治療を受けたいなら、痛みのリスクをとっても、病院で切除術を受けたほうがいいかもしれません。

首イボの皮膚科での治療方法や費用については以下の記事でもご紹介していますので読んでみてください。

あわせて読みたい
首イボを皮膚科で治療する
首イボって皮膚科で治せるの!? その治療法や治療費が気になる!首やデコルテ周りに発生するブツブツザラザラ…。もしかすると、それは首イボかもしれません。首イボはイボと名がつくだけあって、病院での治療が...

病院以外での改善方法はないの?

病院で首イボを治療しようとなると、切除術などの痛みが発生する治療が多くなります。痛みは少ないとは言え、人によっては「切る」「焼く」等のワードを聞くだけで、憂うつになってしまう人も多いのではないでしょうか?

そんな時は、痛みが発生しないスキンケアで対策をするのもおすすめです。

首イボ専用のコスメでもケアできるワケ

首イボケア

「イボ=病院での治療が必要」と思っている人は多いかもしれません。でも実は、首イボに限っては、スキンケアの方法によってブツブツザラザラとした不快な状態をクリアにできます。

それには首イボ専用のコスメが必要ですが、ではなぜ、首イボ専用のコスメであれば、治療をせずとも症状をクリアにできるのでしょうか。

ターンオーバーを促す成分が配合されているから

首イボ専用のコスメには、ヨクイニン(ハトムギエキス)とあんずエキス(杏仁オイル)が含まれていることがほとんどです。

この2つの成分は、肌のターンオーバーを促して、皮膚に柔軟性を与えます。水分代謝も促すため、肌の老廃物の排出に役立つといったメリットも。

このような働きから、角質のかたまりである首イボをはがすのに役立ちます。

首イボは老化現象の一つだから

なぜ、ターンオーバーが促進されて正常化されることが大切になるのか…。肌のターンオーバーは、肌の生まれ変わりのことです。古い角質が剥がれて新しいみずみずしい肌が表れることによって、皮膚は清潔に、美しく保たれるのです。 

しかし、紫外線や摩擦刺激、ストレス、ホルモンバランスの乱れ等によって、肌のターンオーバーは乱れがちに…。すると、肌がスムーズに生まれ変われず、古い角質が溜まって、次第にイボ化していってしまいます。

首イボの正体は、蓄積した角質やシミです。首イボ専用コスメを使って肌の再生力を高め、肌の生まれ変わりを促進せば、首イボなどの角質やシミのかたまりははがれていきます。

ダメージを労ることができるから

前述したように、ターンオーバーの乱れには紫外線や摩擦刺激、ストレスやホルモンバラスの乱れなどさまざまな要因が関係しています。まず、肌をこれらのダメージから守るには、「保湿」が大切です。

乾燥している肌は、外部刺激を受けやすく、また、角質が溜まりやすくなります。もちろんターンオーバーの周期も乱れがちです。

首イボ専用のコスメは、乾燥から肌を守り、しっかりと潤いを与えてくれる成分が豊富に含まれています。

コラーゲンやヒアルロン酸、スクワランなど、とにかくさまざまな保湿・保護成分が含まれているのです。肌に充分に水分が行き渡ると肌のバリア機能が高まり、外部刺激にも強くなります。それだけ、肌のターンオーバーも乱れにくくなるのです。

皮膚科などの病院でも首イボを取り除く治療はできます。しかし、イボを取り除けても、紫外線や摩擦刺激に強くなるような肌を作ることはできません。

首イボ専用のコスメは、肌のダメージを労り、首イボのブツブツザラザラを軽減しながら、首イボになりにくい肌へと整えていくことも可能です。ケアと予防の両方が叶うので、一石二鳥。首イボのケアには専用コスメを利用したほうが、賢い選択といえるでしょう。

おすすめはクリアポロンという首イボケアクリームです。

あわせて読みたい
クリアポロン
クリアポロンの口コミ!効かないって本当?購入の注意点は?「首イボ」で検索していくと、画面上には「クリアポロン」の情報がたくさん出てくる…。クリアポロンってなんだろう? フムフム…、「クリ...

生活の中で首イボを作らない対策も

首イボを防ぐには、生活習慣に気をつけましょう。

  • しっかりと睡眠を取る
  • 栄養バランスのいい食事を心がける
  • 紫外線対策をする
  • 皮膚をこすらない、摩擦刺激から肌を守る
  • ストレスを溜めない

基本的には、健康的な暮らしが首イボ対策に繋がります。ホルモンバラスを整えることも首イボの予防になるので、体が冷えないようにする、適度に運動をするなど、生活の中で工夫をしてみてもいいでしょう。 

痛いイボは放っておかないことも大事

もし、あなたが痛いイボに悩んでいるなら、我慢してはいけません。首イボが痛いのに首イボ専用コスメでケアをしようとするのは間違いです。

首イボが痛い場合は、まずはお医者さんに相談し、独断で勝手なケアをすることのないようにしましょう。

首元のポツポツ・ザラザラ…「首イボ」にお困りのかたにオススメのケアクリーム!

首元のポツポツ・ザラザラが気になる方にオススメ!

使い続けるうちにポロッと取れていくと口コミで評判のジェル「クリアポロン」が初回1800円で購入できます。

クリアポロン

詳細ページ公式ページ