首イボケア

首イボにいい成分は?“首イボ、ポロッ”を叶える成分をリストアップ

ブツブツザラザラと首周りに発生してしまった首イボ…。首イボケアの商品にはさまざまな成分が含まれていますが、本当に首イボに効く成分は、一体どの成分なのでしょうか?

ここでは、首イボケアに用いられることの多い成分をご紹介し、あなたの首イボケアをより良く進めていくためのサポートとなる情報をご紹介します。

クリアポロン

首イボにイイとされている成分

まず、一般的に首イボにいいと言われる成分についてまとめていきたいと思います。主に、首イボにいい成分は以下の3つです。

ヨクイニン

ヨクイニン

ヨクイニンは、ハトムギに含まれている成分で、漢方薬などにも用いられる成分です。このヨクイニンには、以下のような働きがあります。

  • 肌の炎症回復
  • 皮膚の再生
  • 皮膚に潤いと柔軟さを与える 

ヨクイニンが首イボに効果的な理由については以下の記事でもまとめていますので、読んでみてください。

あわせて読みたい
イボ治療に効くヨクイニン
ハトムギ由来で安心? イボ治療に効くヨクイニンの効能と副作用30代に入って、突然気になりだした首のイボ…ネットで対策法を探していたら、どうも「ヨクイニンがイボにいいらしい」ということがわかった。で...

杏仁オイル

杏仁オイル

杏仁オイルはあんずの種に含まれている油のことです。この油は人の体内に含まれている皮脂と性質が似ており、親和性があると言われています。皮膚に塗れば、以下のような効果が期待できます。

  • 皮膚の乾燥を防ぐ

とくに、お風呂上がりの潤った肌につけることによって、皮膚の乾燥を効果的に防げます。他にも、杏仁オイルにはパルミトレイン酸という成分が代表的です。加齢とともに減少するパルミトレイン酸を補い、肌のバリア機能に働きかけてくれます。

ドクダミ

ドクダミ

ドクダミは薬草の1つです。ドクダミの葉を乾燥させればドクダミ茶として飲むことができます。ドクダミ茶は高血圧や心臓病予防など、健康茶としても知られていますよね。虫刺され薬やうがい薬、入浴剤、化粧水等、さまざまなものに応用が効く万能薬でもあります 

そんなドクダミには、以下のような効果が期待できます。

  • 殺菌、除菌効果
  • 皮脂の抑制

肌を清潔に保つことができるとして、首イボのコスメなどにも用いられる事が多いです。

3つの成分が首イボに効く理由とは?

首イボは、老人性イボと呼ばれる良性の腫瘍です。病気ではなく老化現象の1つなので、必ず治療が必要なものではありません。

老人性イボができやすい肌には、以下のような特徴があります。 

  • ターンオーバーが乱れている
  • 皮膚に古い角質が溜まっている
  • 肌に潤いがなく乾燥している
  • 紫外線や摩擦による皮膚刺激を受けている

あなたの肌にも当てはまることがあれば、首イボが発生する原因になっているかも…。このような状況に、今回紹介した3つの成分は効果を発揮してくれます。

例えば、ヨクイニンは肌の再生を促す働きがある成分です。ターンオーバーが乱れている肌に対して、ヨクイニンはターンオーバーを促進させます。

ヨクイニンと杏仁オイルは肌に潤いを与えて乾燥を防ぐ働きがあります。そのため、皮膚に古い角質が溜まっている、皮膚が乾燥している肌には、この2つの成分がとても役立つのです。

イボは炎症した部分が角質化して発生することも多々あります。そこで頼りになるのがドクダミの肌を清潔にキープしてくれる働き。殺菌、除菌の効果と皮脂の抑制によって、肌環境はよりよく整っていくでしょう。

老人性イボは紫外線や摩擦刺激によるダメージも大きな原因です。これらのダメージから肌を守るには、保湿と肌環境の清潔さがカギになります。また、ダメージからの回復には、肌のターンオーバーを促進することが大切なため、ヨクイニン、杏仁オイル、ハトムギのそれぞれが首イボケアでは用いられることが多いのです。

他にもある! サリチル酸やオウバクエキスの効果とは

首イボのコスメを見ていると、たまに目にするのがサリチル酸やオウバクエキスという成分です。上記に挙げた3つの成分には及びませんが、この2つの成分も、首イボ専用のケアアイテムに使われていることがあります。

サリチル酸

サリチル酸は、殺菌効果の強い成分です。最近ではピーリングに用いられることが増え、さまざまなコスメに利用されています。高い殺菌作用があり、硬い角質を柔らかくするので、ニキビケアの商品などに含まれている事が多いです。

首イボもその正体は角質ですから、サリチル酸を利用すれば、ザラザラした肌がすべすべに…という期待が持てます。ただし、サリチル酸は刺激の強い成分で、敏感肌の人やアトピーなどの皮膚疾患をお持ちの方には、おすすめできません。

市販の基礎化粧品にもサリチル酸を使ったコスメはたくさんありますが、肌トラブルにつながるおそれもあるため、注意が必要です。

オウバクエキス(キハダ樹皮)

オウバクエキス

オウバクエキスは整腸剤や風邪薬として用いられてきた歴史がある生薬です。お肌につければ抗菌、消炎、保湿などの効果が期待でき、首イボ対策にも利用できます。敏感肌の人にも使えることから、化粧品にもオウバクエキスが使われていることが多いです。

首イボ専用コスメにはこんな成分も!

もしかすると、今これを読んでいるあなたも、首イボ専用のケアコスメなどを利用しているのではないでしょうか? ここでは、首イボのブツブツザラザラケアで人気の「艶つや習慣」に配合されている成分を例に取り上げたいと思います。

あわせて読みたい
艶つや習慣の口コミ
艶つや習慣の口コミは?首イボに効果的な理由とは年齢を重ねて「首イボ」や、「デコルテ周りのザラつき」が目立つようになってきた…。なんとなく友達に相談もしづらくて、ネット上を検索して回っ...

一般的に首イボにいいとされている成分はヨクイニン、杏仁オイル、ドクダミですが、「艶つや習慣」に含まれている成分は、以下の通りです。 

ハトムギエキス

ヨクイニンが含まれるハトムギエキス。やっぱり首イボケアには欠かせない成分です。ザラザラ肌を整える成分として含まれています。

あんずエキス

あんずエキスという名称ですが、実態は杏子の種から抽出した杏仁オイルのことです。

アロエベラ

アロエベラは保水力があることでも知られている成分です。肌に潤いとしっとり感を与える働きがあります。

プラセンタエキス

美容成分のプラセンタは、アミノ酸やミネラルが豊富に含まれている成分です。エイジングケアなどにも用いられることの多い成分ですが、艶つや習慣には、首イボケアのためにプラセンタエキスが用いられています。

ヒアルロン酸

こちらも保水力が高いことで知られる成分です。基礎化粧品の多くに含まれている成分ですよね。ヒアルロン酸は、1gで水6リットル分も保水できると言われており、人の肌にも潤いを与えてくれます。

アスタキサンチン

艶つや習慣のジェルはオレンジ色をしていますが、アスタキサンチンの色素もまさにこんなオレンジ色をしています。アスタキサンチンは抗酸化作用が高いことでも知られている成分で、エイジングケア成分としても多くの化粧品に使われている成分です。

艶つや習慣には、この他にもアセロラ果実エキスやクチナシ果実エキスなどの成分がたくさん含まれています。

ドクダミは入ってないけど大丈夫なの!?

首イボケアで人気の艶つや習慣ですが、こちらのジェルクリームにはドクダミが配合されていません…。

ドクダミには、「殺菌、除菌効果」と、「皮脂の抑制」という役割があるのですが、配合されていなくても大丈夫なのでしょうか?

結論から言うと、もちろん大丈夫です。

ドクダミに含まれている殺菌、除菌効果ですが、実は艶つや習慣にも含まれているアロエベラがその役割を担ってくれます。

それから、皮脂の抑制についても、実は保湿をしっかりしていれば皮脂分泌過多になる心配はありません。艶つや習慣はたくさんの保湿成分が含まれているので、それがドクダミの代わりを果たしてくれるはずです。

成分も大事だけど、その役割をよく知って!

スキンケア

ヨクイニンが含まれていれば、あんずエキスが入っていればと、ケアアイテムを選ぶときには成分名で商品を選びがちになります。

しかし、成分も大事だけれど、それ以上に、その成分がどんな役割を持っているかも知っておくことが大切です。「こっちには◯◯が入ってるけど、こっちには入ってない…」そんな風に比較をするのではなく、「保湿成分が入っているから大丈夫ね!」というように、成分で商品を比較すると、ケアアイテムを選びやすくなるはずです。

首元のポツポツ・ザラザラ…「首イボ」にお困りのかたにオススメのケアクリーム!

首元のポツポツ・ザラザラが気になる方にオススメ!

使い続けるうちにポロッと取れていくと口コミで評判のジェル「クリアポロン」が初回1800円で購入できます。

クリアポロン

詳細ページ公式ページ