首イボケア

首イボがかゆい!原因と対処法は?病気が疑われるケースは?

首のブツブツザラザラ…。それは首イボという一つの老化現象です。そしてある日、その首イボが突然「かゆい!」という状況に陥ることがあります。

首イボは痛みやかゆみなどは本来発生しないものですが、なぜ、かゆくなるのでしょうか?

今回は、かゆい首イボをテーマにその原因と対処法をご紹介します。

クリアポロン

かゆい首イボの原因とは?

かゆい首イボの原因に、以下の3つが考えられます。

摩擦による刺激でかゆい!

ネックレスの摩擦による刺激でかゆい

首イボは皮膚から突出した形をしています。アクセサリーや衣服などにも触れやすくなり、知らず知らずのうちに摩擦刺激を受けているかもしれません。

首イボの部分に、ネックレスやピアス等のアクセサリー、襟などが触れていませんか? もしかしたら、それらと接触することがかゆい首イボの原因になっているかもしれません。

皮膚が乾燥してかゆい

皮膚が乾燥すると、首イボがかゆくなることがあります。冬の季節や暖房・冷房のよく効いた部屋などにいると、首イボが乾燥し、かゆくなるのかもしれません。

実は首イボじゃない!? かゆいのは病気のサインかも…。

首イボがかゆい

摩擦刺激や皮膚の乾燥は、自分でも工夫すれば防ぐことが可能かもしれません。しかし、かゆい首イボの中には、病気が隠されている首イボもたくさんあります。

中でも強いかゆみを感じる首イボは注意が必要です。どのような病気が隠れているのかというと、

  • 内臓疾患
  • 悪性腫瘍(皮膚がん) 

などです。

自分のかゆい首イボが病気と関係しているかどうかは、最終的にはお医者さんに診てもらわないことにはわかりません。かゆみがあるようなら、まずは皮膚科医などに相談すると確実で安心です。

もし、病気かどうかを調べたい場合は、以下を一つの目安としてください。 

  • 急激に大きくなった
  • 首イボの数が一気に増殖した
  • かゆみが発生してから1週間以上が経っている

もちろん、上記の限りではありませんので、かゆみがあるようならすぐにでも病院へ行きましょう。 

首イボは通常、23mmのものから大きくても1cm程度のものがほとんどです。これが急に大きくなったり、数が増殖したりしたなら、それは内蔵疾患や皮膚がんである可能性も充分ありえます。

皮膚がんなどは、別の部位に転移することもありますので、なかなかかゆみが治まらない場合は注意が必要です。 

色がついたイボにも注意が必要

基本的に首イボと呼ばれるものは、肌の色と同じ色をしています。または、少し皮膚よりも透明感の色であったり、色が着いていても、シミより薄い茶色程度です。

しかし、病気が隠されている首イボの場合は、ほくろのようにしっかりとした茶色や、黒色をしています。そして、色がだんだんと濃くなる傾向にあるようです。

もし、色の薄かったイボが濃色へと変化してきたら、それは悪性腫瘍などの病気が隠されている証拠かも…。なるべく早く医療機関を受診するようにしてください。

定期的に観察しておくと安心

もし、首イボを発見したら、日頃からその様子を気にかけておくといいでしょう。急激に大きくなったり、数が増えたり、色が濃くなるようなことがあれば、日々の観察の中で気づくことができます。

悪性腫瘍の場合は、進行が早く、気づいたときには手がつけられなくなっていることもゼロではありません。後悔をしないためにも、日頃からイボの様子をチェックしておき、異常を感じたらすぐに医師に相談するようにしましょう。

首イボの種類について以下の記事でまとめています。あなたの首イボがどれに当てはまるかチェックしてみてください。

あわせて読みたい
首イボの種類
首イボの種類とその特徴。あなたの首イボはどれ?「これって首イボかな…? でも、ちょっと違うかもしれない…」首イボって、なかなか人には相談できないもの。だからこそ、一人で悩んでいません...

かゆいイボを自宅でケアするにはどうしたらいい?

首イボがかゆい場合で、緊急性がない首イボの場合、どのようにケアするのが一番でしょうか?

かゆみの原因を取り除く

アクセサリーや衣服との摩擦がかゆい首イボの原因になっているなら、できるだけ取り除くようにしましょう。そのままにしているとさらに摩擦刺激が増え、傷がついて炎症を起こすことも考えられます。可能な限りで、かゆみの原因を取り除くのが大切です。

かゆみを抑えるには冷やすのが一番!

かゆいと患部をかきむしりたくなりますが、かゆみを抑えたいなら冷やすのが一番です。かゆい神経の興奮を抑えることができ、患部も傷つけないので、一番効率的なかゆみの抑え方と言えます。

冷やすときには、保冷剤や氷を入れた袋などをタオルなどにくるんで、やさしく冷やしてあげるといいです。流水等を患部に当てながら処置するのもいいでしょう。

保湿ケアでかゆみを抑える

自宅で首イボケア

乾燥が原因のかゆい首イボには、乾燥対策をしてあげてください。保湿クリームなどを塗ることで乾燥した肌に潤いが与えられ、かゆみが抑えられます。このとき、乾燥した皮膚表面が傷ついていることもありますので、刺激の少ない保湿クリームを使うことも重要です。 

アルコールや着色料、保存料等が使われていると染みて痛みを感じる可能性があります。なるべく添加物の入っていない、肌にやさしい低刺激のものを選ぶようにしてください。

せっかくなら、首イボ専用のクリームを使うと安心

かゆい首イボにクリームを塗るなら、首イボ専用のコスメクリームを選ぶのがおすすめです。首イボ専用クリームは首イボのブツブツザラザラをクリアにしてくれるだけでなく、保湿成分がたっぷり含まれているので、一石二鳥。低刺激な肌にやさしい成分が使われているので、染みる痛みも感じずに済みます。 

また、首イボ専用のクリームは、普段のスキンケアにも使えるものが多いのが特徴です。例えば、炎症を抑えるだけの軟膏などは、患部には使えてもスキンケアには使えませんよね。その点、首イボ専用のクリームなら一挙両得。首イボ部分にも、健康な肌にも、どちらにも使えます。 

ただ、首イボ専用を謳うコスメはいくつもあり、選ぶのが大変です。もし、首イボ専用のクリームをチョイスするなら、「ヨクイニン」や「あんずエキス」が含まれるものを選びましょう。これらは、乱れがちなターンオーバーを促進して正常化し、首イボに働きかけます。 

また、ヨクイニンやあんずエキスは炎症を抑え、肌を柔らかくしてくれる成分でもあるので、首イボのケアにはうってつけです。

保湿成分には、ヒアルロン酸やコラーゲン、セラミドやスクワラン、トレハロースなど、肌に潤いを与えてくれる成分をふんだんに含んだアイテムを選びましょう。

これら成分を配合したおすすめ商品はクリアポロンです。

あわせて読みたい
クリアポロン
クリアポロンの口コミ!効かないって本当?購入の注意点は?「首イボ」で検索していくと、画面上には「クリアポロン」の情報がたくさん出てくる…。クリアポロンってなんだろう? フムフム…、「クリ...

保湿をするなら朝晩の2回

お風呂上がりの保湿

保湿をするタイミングは、朝起きて洗顔した後のメイクをする前に1回と、お風呂上がりの1回、合計2回がおすすめです。洗顔をした後や入浴後は、肌に潤いがたっぷり含まれた状態です。そして、時間が経つごとに潤いが抜けていきます。できるだけ洗顔後や入浴後の潤いのある肌をキープするためにも、このタイミングを逃さないようにしてください。

なお、潤いのある肌にクリームを塗り込むことで、美容成分なども届きやすくなります。

どうしても治まらないかゆい首イボはどうする?

病院で首イボを切除

かゆみがどうしても治まらない首イボがあるなら、皮膚科を受診して首イボの切除をするのも一つの手です。

悪性腫瘍などの病気が関係ないのであれば、通常、首イボは治療する必要はありません。首イボはそもそも良性腫瘍で、命を脅かすものではないからです。

しかし、首イボがあることで摩擦刺激が増える、乾燥しやすくなるといった傾向があるなら、首イボを切除するのも一つの有効手段でしょう。

首イボは比較的小さな23mmのものが多いですが、かゆいと知らず知らずのうちに引っ掻いてしまい、それが炎症の原因になったり、痛みを発生させたりします。煩わしい事にならないためにも、きれいに切除する方法も検討しましょう。

首イボを切除するには、以下の2つの方法で切除するのがおすすめです。

医療用ハサミで切除する

医療用ハサミ

専用の医療用ハサミで首イボを切除すれば、その後の通院もほとんど必要なく、きれいに首イボをケアすることができます。切除後は化膿止めを処方されますので、それを塗っていればその他のアフターケアは必要ありません。

医療用ハサミというと痛みや出血が心配な人もいるかも知れません。しかし、角質部分だけをきれいにカットするので、基本的には痛みや出血などの心配はないと思っていいでしょう。

まれに、皮膚を傷つけてしまうこともあるので、その際には痛みや出血が生じます。ただ、イボの大きさは23mmのものがほとんどなので、傷がついたとしてもほんの少しのかすり傷程度です。重度の痛みや出血が発生する可能性はほぼないと言っていいでしょう。

医療法ハサミを使った治療は、保険が適用されますので、経済的負担も比較的抑えられます。

レーザーによる切除

最近では、炭酸ガスレーザーを用いて切除する方法が、首イボの治療でも定番となりつつあります。レーザーはピンポイントでイボだけを照射できるため、他の組織を一切傷つけません。

また、照射している間は局所麻酔がかかっているので、痛みを感じる心配も必要なし。きれいな肌になるまでには13ヶ月程度かかりますが、最近ではこの治療法を選ぶ人が増えています。

ただ、ネックなのが治療費です。自由診療のため、全額負担で治療費を支払わなければいけません。また、医療施設によって治療費も違うため、安いところでは1箇所1,000円程度で治療してもらえても、トータルでは5万円などの高額な治療費を払う可能性もあります。 

基本的には良心的な病院なら、治療前に見積もりをとってもらえるはずです。治療費の総額と治療範囲などを加味して、納得のいく治療内容を選びましょう。

皮膚科での首イボ治療については以下の記事でもご紹介していますので読んでみてください。

あわせて読みたい
首イボを皮膚科で治療する
首イボって皮膚科で治せるの!? その治療法や治療費が気になる!首やデコルテ周りに発生するブツブツザラザラ…。もしかすると、それは首イボかもしれません。首イボはイボと名がつくだけあって、病院での治療が...

痛くないからと放置しないで…

痛みを感じる場合は、多くの人は迷わず病院へ行くものです。

でも、かゆい首イボの場合、病院へ行くのを見送ってしまうことが増えます。「様子をみれば改善するだろう」「痛くないから、まだいいや…」そんなふうに見過ごしてしまうと、重大な疾患の治療のタイミングを見逃してしまうかもしれません。

かゆみが続くなと思ったら、なんかおかしいなと思ったら、なるべく早期に病院へ行くようにしてください。

首元のポツポツ・ザラザラ…「首イボ」にお困りのかたにオススメのケアクリーム!

首元のポツポツ・ザラザラが気になる方にオススメ!

使い続けるうちにポロッと取れていくと口コミで評判のジェル「クリアポロン」が初回1800円で購入できます。

クリアポロン

詳細ページ公式ページ