首イボケア

首イボって皮膚科で治せるの!? その治療法や治療費が気になる!

首やデコルテ周りに発生するブツブツザラザラ…。もしかすると、それは首イボかもしれません。首イボはイボと名がつくだけあって、病院での治療が可能です。

ここでは、皮膚科や美容皮膚科などが行っている首イボ治療についてご紹介します。

気になる費用、痛みの有無などにも触れますので、治療をしようと思っている人は要チェックです! 

クリアポロン

首イボは皮膚科でも治せます!

結論から言うと、首イボは皮膚科や美容皮膚科などで治せます。早速ですが、どんな治療法があるのかについて触れていきましょう。

医療用ハサミによる切除

医療用ハサミ

老人性イボを皮膚科で治療すると、多く用いられるのが医療用ハサミによる切除術です。ハサミで切除すると聞くと意外かもしれませんが、老人性イボの場合、イボの正体は角質の塊であることが多いので、ハサミでカットしても痛みや出血を伴うことはほとんどありません。

一般的には、数ミリの大きさであるスキンタッグなどイボの場合、ハサミで切除する方法が一般的です。老人性イボはウイルスの根絶をする必要もないので、医療用ハサミでカットすれば治療が完了します。

スキンタッグ

↑スキンタッグの画像

 

ただし、この話を聞いて、手持ちのハサミでセルフケアをするのは絶対にやめましょう。この医療用ハサミでの治療でも、稀に出血などが伴います。切除後は化膿止めなども処方され、アフターケアを行う必要もあります。勝手な判断でケアしないようにしてください。 

治療費について

医療用ハサミでの治療には、保険が適用されます。小さなものなら1,000円程度から治療が受けられ、大きさによっては5,000円〜8,000円程度かかることもあるそうです。化膿止めが処方される場合は、これに薬代が加算されます。治療費に幅があるため、気になるようであれば事前に確認しておくといいでしょう。

5,000円と聞くと、少し高いように感じるかもしれません。しかし、医療用ハサミによる切除は、その後通院する必要がほとんどなく、1回の施術で完了します。

炭酸ガスレーザーによる切除

次に用いることが多いのが、レーザーによる切除術です。小さなイボでもピンポイントで治療ができるので、この治療法を選ぶ人も多くなっています。

この方法では、炭酸ガスでイボの内部を蒸発させることにより、イボを切除します。局所麻酔をするので治療中に痛みを感じることはほとんどなく、傷跡もきれいになるため、イボ治療では人気の高い施術方法です。治療時間も510分と短いので、気軽に治療できるのも利点です。

ダウンタイムはありますが、12週間もあれば跡は目立たなくなり、1ヶ月〜半年程度できれいな元通りの肌に戻ります。通院の必要は基本的にはありませんが、複数箇所を治療する場合には、何回かに分けて治療する必要も出てきます。

治療費について

こちらは自由診療ですので保険は適用されません。そのため、医療施設によって治療費用の価格設定が違い、幅があります。

1箇所の治療で1,000円〜2,000円が相場となっていますが、首イボがいくつもある場合は、1回の治療に10,000円〜50,000円の費用がかかることも…。 

1個、2個程度のイボに利用するのはいいかもしれませんが、たくさん分布するイボに対して治療をする際には、費用がその分かさむことも理解しておく必要があるでしょう。

治療ができない人がいる!?

実は、炭酸ガスレーザーの治療は誰でも受けられるわけではありません。レーザーによる切除術を行う場合は、必ず初診でテスト照射を行います。治療したい範囲を確認し、テストとしてその一部にレーザーを当てるのです。

このテスト照射では、「ケロイドの有無」をチェックします。ただれてケロイドになってしまう体質の場合は、そこで炭酸ガスレーザーの治療は打ち切りです。

今すぐに治療してほしい! と、思っても、初診当日には治療に取りかかれないこと、もしかしたらレーザー治療は受けられない可能性があることも、理解しておきましょう。

液体窒素による冷凍凝固切除術

液体窒素

液体窒素を使った治療法は、もっとも定番の治療法と言えます。液体窒素の温度は-196℃です。その液体窒素に浸した専用のピンセットでイボをつまむことで、急速にイボを冷凍させることができ、ウイルスに感染した組織部分を壊死させます。

低温やけどの状態になるため、治療後しばらくは水ぶくれ等の状態が表れますが、1週間〜10日間ほどすればこの水ぶくれはかさぶたになり、改善されていきます。 

この治療法は、1回では治療しきれないことがありますので、何度か通院する可能性も…。かさぶたが剥がれてきれいな肌になるまでには、数ヶ月かかる可能性もあります。

また、この治療法は首イボ治療にはあまり適してしません。なぜなら、23mmのイボをピンセットでつまんで冷凍する過程で、周囲の健康な皮膚組織まで傷つけてしまうからです。液体窒素の場合は色素沈着の恐れもあるため、そのリスクは理解して治療に臨んだほうがいいでしょう。

大きなサイズの首イボであればいいですが、大きさによっては、液体窒素による治療は避けたほうがいいでしょう。なお、液体窒素の大きなデメリットに「痛み」があります。人によっては強い痛みを感じることもあるので、痛みに弱い方も、液体窒素による治療はあまりおすすめできません。 

治療費について

保険適用内での治療が可能です。イボの状態によって変わりますが、1回の診療で支払う金額は、3割負担の場合で7501,500円程度となることがほとんど。ただし、何度か通院しなければいけないこともあるため、その通院回数分、治療費はかさみます。

レーザー以外の治療は保険が適用されるため、治療費負担も少なくて済みます。ただし、どの治療法も患者の希望で行えるわけではありません。どれも医療行為ですので、医師の適切な判断のもとで、適した治療を受けることをおすすめします。

また、どの治療法もアフターケアが必要です。期間や方法は異なるものの、きちんと後処理をしないと肌トラブルが発生する原因にも…。きちんとアフターケアを行うことを全体に、首イボのケアをするようにしてください。

そもそも、首イボは病気ではありません

首イボは病気ではない

ここまで首イボの治療方法をご紹介してきましたが、そもそも、首イボは必ずしも治療が必要なものではありません。そのため、必ず皮膚科で治療をしなくても問題にはならないのです。通常はがん化する心配もないので、そのまま放っておいても大丈夫。治療をするかしないかは、個々人の自由です。

ただし、首イボの中には、ウイルス性イボが隠れている可能性もあります。ウイルス性イボはウイルスを根絶しなければ完治することはできないため、早めに皮膚科での治療が必要です。 

首周りにできたからといって、一概に治療が必要ないとは言い切れないので注意してください。だんだんとイボの数が増えていったり、イボの大きさが拡大されていく場合は、まず、皮膚科で診てもらうのがいいでしょう。

心配な方は以下の記事で首イボの種類についてまとめていますので読んでみてください。

あわせて読みたい
首イボの種類
首イボの種類とその特徴。あなたの首イボはどれ?「これって首イボかな…? でも、ちょっと違うかもしれない…」首イボって、なかなか人には相談できないもの。だからこそ、一人で悩んでいません...

薬により治療も可能!?

漢方

皮膚科などの医療施設では、内服薬による治療も行ってくれます。痛みに弱い、切除などの施術が怖いという場合には、内服薬に寄る治療も可能です。

ここで処方されるのは、ヨクイニンであることがほとんど。ヨクイニンは肌のターンオーバーを正常化させて、古い角質が原因で発生する首イボを改善させていきます。

ただし、ヨクイニンでの治療は、即効性がないのがデメリットです。治療には1年ほどかかることも珍しくなく、今すぐに治療がしたい場合は切除などの施術を受けたほうが確実でしょう。

内服薬で治療したい場合は、アフターケアなどができない、何度も通院して治療する時間がないという方に向いている治療法です。

治療費について

薬を飲むだけですので、治療費は月に500円〜1,000円程度で済みます。保険も適用されますが、治療期間が長いため、トータルでは費用がかさむ可能性があります。

内服薬での治療は、必ず皮膚科で診療を受けなければいけないわけではありません。市販薬としてヨクイニンが販売されていることも多いので、ドラッグストアや薬局などで手軽に購入することもできます。 

ヨクイニンのイボへの効果については以下の記事でもまとめていますので読んでみてください。

あわせて読みたい
イボ治療に効くヨクイニン
ハトムギ由来で安心? イボ治療に効くヨクイニンの効能と副作用30代に入って、突然気になりだした首のイボ…ネットで対策法を探していたら、どうも「ヨクイニンがイボにいいらしい」ということがわかった。で...

内服薬以外にも…皮膚科に行かずに首イボを治療する方法とは?

首イボケア

首イボ治療は前述の通り、必ずしも皮膚科に行く必要はありません。でも、見た目が気になるからと、きれいにしたいと考える人は少なくないはずです。 

こんなときおすすめなのが、皮膚科に行かずに自宅でケアできる首イボケア専用のコスメ。毎日のスキンケアと同じように利用すればいいだけなので、簡単に首イボケアが叶います。

もちろん、切除術のような痛みや出血はありません。ブツブツザラザラのケアが改善されるまでには3〜6ヶ月程度かかると言われていますが、皮膚科などの病院へ行きたくない、痛みはイヤだ! という人には、おすすめの方法です。

首イボ専用コスメが首イボにいい理由

首イボ専用コスメが首イボにどのように作用していくのか…気になりますよね?

首イボ専用コスメには、「ヨクイニン(ハトムギエキス)」や「あんずエキス(杏仁オイル)」が配合されており、それぞれがターンオーバーを促進し、肌の炎症を抑え、硬くなった肌の角質を柔らかくすることで首イボをケアしていきます。 

なお、首イボ専用コスメは、すでにある首イボのブツブツザラザラをケアしていくだけでなく、ブツブツザラザラの予防にもつながるのが大きなメリットです。1つのコスメだけでケア&予防ができるので、首イボ知らずの首・デコルテ周りに憧れている女性には、ぜひ知ってほしいと思います。

首イボ専用コスメのコストパフォーマンスが気になる!

クリアポロン3

ここでは、首イボ専用コスメの中でも人気のある「クリアポロン」を例に出してご紹介しましょう。

クリアポロンの場合は、初回購入のキャンペーンを利用すれば1,800円から購入できます。通常価格は6,800円ですが、定期コースなら20OFF5,440円で利用でき、段階的に40OFFで利用できるようになります。

皮膚科で医療用ハサミによる切除を受ければ、11,000円から治療ができるかもしれませんので、それに比べればコストがかかるように思いますよね…。

しかし、首イボ専用コスメは、通常のスキンケアも兼ねることができます。保湿成分がたっぷり入っているため、オールインワンケアが可能なので、「クリアポロン1個」=「首イボ治療費+毎月のスキンケアコスメ代」と考えると、かなりお得に感じられるのではないでしょうか?

しかも、首イボ専用コスメは、首イボの予防も同時にできます。そうすると、決して高い費用ではありません。

あわせて読みたい
クリアポロン
クリアポロンの口コミ!効かないって本当?購入の注意点は?「首イボ」で検索していくと、画面上には「クリアポロン」の情報がたくさん出てくる…。クリアポロンってなんだろう? フムフム…、「クリ...

クリアポロンの購入ページへ

治療は皮膚科で、日々のケアはコスメで

首イボは体質的にできやすい人も多く、加齢とともに発症率が高まっていきます。皮膚科での治療は、再発を防止してくれるものではありませんので、一度首イボができてしまったら、日々のケアを見直すことは大切です。

皮膚科で一旦治療をしたからと安心していてると、そのうちにまた、首イボができてしまうこともあります。できるだけ早いうちからケアに取り掛かることが首イボケアには有効ですので、皮膚科での治療を行った人も、首イボ専用コスメの使用を検討してみてはいかがでしょうか?

首元のポツポツ・ザラザラ…「首イボ」にお困りのかたにオススメのケアクリーム!

首元のポツポツ・ザラザラが気になる方にオススメ!

使い続けるうちにポロッと取れていくと口コミで評判のジェル「クリアポロン」が初回1800円で購入できます。

クリアポロン

詳細ページ公式ページ